読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主にWCCFとかDOAとか

当ブログは塩見周子を応援しています

30円チーム 第3節

これで低級カップを全て制覇とするため、30円チームはコンチネンタルカップ決勝に乗り込むことに。

ここで懸念の守備に手を加える
イスマエル→ロゼフナルにスタメン変更
4-2-3-1→4-1-4-1にフォメ変更
3列目減ってね?守備的には弱くしてね?アレ?
と思ったけど、セナがワンボランチしてるイメージが強すぎるからね。しょうがないね。
またラウンジにて全速力で星付作業が行われているブームソン
「ある程度評価する」
「みんな納得しています」
分かってんなら動けや。

相手はランツァ加賀。どこのチームモチーフだろう。
先制は30円チーム。この時オフェンス用のチームスタイルはアルシャビンのチャンスメイクもしくはバレロ、セナのゲームメイクを使っていたはず。だったのだが、左サイドを切り込んだロジーナからマイナスのクロスをPAに走り込んだランパードが上手いトラップからシュート!が2回!
なんだこれ。プルバック重視かよ。
そしてランパードの実況がスーパーフライ!に聞こえてしょうがない。
その後またも左サイドを切り裂いたロジーナのクロスをうまくトラップしたアルシャビンが冷静にゴール。これでロジーナは1試合3アシストの大活躍。
ここまで全て前半の話。なおシシーニョくんは特に流れと関係ないところでファウルを犯して退場した模様。

後半はなんとなくランパードアルシャビンにスルーを通して駄目押し。
あれ?このチーム強くね?


f:id:gim0128:20160414230107j:image