主にWCCFとかDOAとか

さわやかジャスティスと呼ばれた者

京都おさんぽ録 その2

ふらふらと続いております、京都おさんぽ録。

本日はお日柄もよく、散歩に絶好でした。なので近所をぶらぶら。京都はそこら中にお寺さんや神社があって飽きないです。

て事で今回はこちら。

f:id:gim0128:20170903125054j:image

壬生寺。ザ・観光地。

仕方ない。家近いし。

行こうとするならいくつかルートがあるのですが、オススメのルートとその間に見られるお寺さんでもご紹介。

f:id:gim0128:20170903125200j:image

京都といえば新撰組という方もいたりいなかったり。ハンチョウとかね。

大宮通りから"しーあやぶったか"の"あや"こと綾小路通りを西に向かって歩いていくとあるこちらのお寺。新撰組之と石碑がありますが、果たして続く言葉はなんなのか。

f:id:gim0128:20170903125508j:image

墓です。

しかも中に入るには門ではなく、横の小さい扉から入ることになります。張り紙がしてあるので、それに従います。

私は入っていませんが、好きな人は御参りされるのでしょうか。公開してるってことはそういうことなんでしょう。

そしてそのまま西に歩いて一筋超えたら

f:id:gim0128:20170903125720j:image

寄合が行われていた旧家と新撰組の幟。観光地向けになった和菓子屋さん達が現れます。

ここまできたら、突き当たり和菓子屋さんが目印の角を下がってすぐそこ。

はい、壬生寺到着です。

中の写真はありません。観光地なので人多すぎてゆっくり撮るのも気が引けました。観光に訪れた際はバンバン撮って僕にください。

 

以上、人の名前が異様に覚えられなくて世界史を選択したぎもでした。

宝の持ち腐れ。