ぎブログ

隠しページはありません

申し訳ないがNGなんだ。

今回は投げ捨てた名前をあえて使わせて下さい。

お疲れ様です、さわやかジャスティスです。

 

何故この名前を出したかというと、この文章はたまたま運もあって全国壇上に行った人間が書いているという事を分かって欲しいからです。

そしてもう全国的な大会に参加出来なくなると思いますが、別にいいです。

 

さて、先日行われた「いいすぽ!」はご覧になられましたか?

Twitterを調べた限り、非常に盛り上がっていたのであろうと思います。私は見ていませんが。

今回はこのいいすぽ!に関するお話です。ようやく終わってくれたので、お話させてください。

 

まずはスタッフロールに名前が出ているプレイヤーさんが選手として出場していることに関して。

テスターでの参加なのか調整班での参加なのかは推測の域を出ませんが、少なくとも3月1日の発売日まで触れられないであろう他のプレイヤーとの差が出てきますよね。個人開催の大会ならまだしも、賞金が出るインビテーションの大会に出場するってフェアなんですか。

私はそう思いません。

そして、事もあろうに見限るなんてしませんよね。1プレイヤーから見たら、貴方達はプレイヤーでありながらスタッフなんですから。そう言われたくないのであれば、インビテーションを辞退するという手段を取らなかった理由が気になってしまいますね。

 

次、参加選手に関して。

全国大会やレッドブル主催大会で結果を残した枠、若手枠。そして女性枠。バランスとしてはいいのではないでしょうか。それが身内以外ならば。

どうしても地方在住の私は思ってしまうんですよ、穴関連の人しかいないって。全国大会出場した方ってあなたたちだけでしたか。違いますよね。結果を残した人を呼んだらこうなったと言いたいのであれば、ハッキリと断言させてもらいます。

NG出しましたよね。

知ってるんですよ。

バカにしてるんですか。

制作会社の都合ですか。それともコーエーテクモが推したい選手の都合ですか。はたまた別の都合ですか。

私に本当のことは分かりません。ただ推測でしかないけれど、それで本当に相手が納得できると思っているなら素晴らしいアタマの持ち主ですね。

そこに行き着くまではどうであれ、断られたプレイヤーがいるという事実があるだけです。

正直私はある意味当事者であり、当事者になりきれませんでした。しかしとある方の言葉を借りるのであれば、他人事だからこそ怒りが湧くんです。

 

そして最後に完全なる私情。

招待自体は結構前に来てましたよね。

そしてNGを出しましたよね。

それのおかげで、私はDOAというゲームのモチベーションが極端に下がりました。わざわざ体験版のために急遽ネット回線を繋ぐほど楽しみにしていたDOA6を発売日に購入せず、見送るという選択肢を取りました。

結果として、8人のプレイヤーの身内にならなきゃインビテーションの大会に出場出来ないんですもん。せっかくのネット配信という大きな場を、身内しか盛り上がらない大会にしていたじゃないですか。Twitter上でいいすぽ!のタグつけて決勝のことを呟いている人は3人ほどしかいませんでしたよ。

 

媚を売らなきゃ大会に出られないようなゲームをやりこみたくないです。

 

 

DOA6の出来がどーのこーのと連日Twitter上で賑わっています。

私にとっちゃそんなんどーでもいいんです。ただ壊れたバグだ永久だと面白そうな話があった時だけ触るゲームって認識です。

 

あ、未完成だからゲームでもないんだけどね。ははっ。

 

もう疲れたわ。