ぎブログ

パスワードを入力してください

霊魂放逐

iPhoneの時計機能におはようございますと表示されただけで、煽られてるのかなと勘違いする今日この頃。朝4時にそんなん出すくらいならしっかりメール受信して。

どうも、ぎもです。そろそろ向こう側に行きそう。

 

と、いうのもですね。

最近の百鬼夜行騒動から、なにかと心霊現象のようなものが連続しています。何かの前触れかな?と思わなくもないくらいには。

まずひとつ。

先日久しぶりにパワプロのペナントをオートで回していた時。

電話の着信音が小さく鳴っています。

もちろん僕の携帯ではありません。

どこからか、です。

壁の向こうなのか、はたまた近くなのか。それともテレビからなのか。気になりだしたタイミングから、ずっと鳴っています。

なんだか少し怖くなって、PS4の電源を落としました。すると音が途切れます。

なーんだ、PS4の音だったかー。気にしすぎはよくないね!スルー!

精一杯の強がりをしてから、その日は寝ることにしました。電気付けっ放しで。

まぁこれくらいは10人に聞いたら8人くらいは体験したことあると思う。

 

で、ふたつめ。つい昨日の出来事。

車で高速道路を走っている最中、あまりにも気持ち悪くなった私。

最寄りのPAで駐車をして、直後襲ってきた眠気に身を任せることにしました。

まずひんやりとした感覚が喉からお腹に掛けて入ってきました。この時点でやばっと思いましたが、時すでに遅かったようで。

そのまま明晰夢のようなものを見ます。

目の前に顔が自由自在に変えられる人が向かいに立っていました。

いっそ周子になって。いっそ周子になって。自分の意思を伝えても、実在する人物の顔にしかなれないみたい。

何回か変わった後、場面転換。

立っている私の背中に、半透明な私が浮いています。更にそれを横から見ている私の3人に分裂しました。

直後、浮いていた私が、立っている私に一体化しました。

なるほど、これが身が入るってことか。

笑い話ですね。

 

その後ふと目が覚めて、気分はちょっとスッキリ。変化は冷や汗が出てきたくらいで、運転に支障はなさそうだったし車を発進させました。

 

で、車の運転中。

冷静になった頭で考えたのです。

あれ、もしかして幽体離脱だったのでは。

21gが身体から軽くなろうとしていたのでは。

心霊体験ではないけれど、なんかそういうのが見えてきているのではないか。

 

てことで、向こう側の話をそろそろ出来るかもしれません。なんだかワクワクしてきました。お仕事もわーくわくしたいですね。突然の楓さん要素。

 

ちなみに周子になってという願いに対してはキツネを渡されました。

違う、そうじゃない。